トップ

about

ShIP(Shared Interactive Parts)

新しい共通部品フォーマット「ShIP(シップ)」が誕生しました。

ShIPとは、コンピュータシステム研究所が住宅CADの為に開発した、3D部品製作フォーマットです。 異なるCAD間の共有を可能にするために、フォーマットを公開しております。

ability

ShIPならこんな事ができます

1つの部品で何通りも変形

パーツや色を自由に変更

3Dと同時に平面も変形

benefit

入力や変更の手間を大きく軽減

高さや幅を任意のサイズに変形(数値パラメトリック変形)

様々なパーツ・形状・素材等の組み合わせが可能

扉やシンク、コンロの形状、天板、素材色など、様々な組み合わせが可能